RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

劇団CANプロ稽古場日記

稽古風景や感想などをメンバー達が皆様にお届けします!
「最終通し稽古」BY元山留美子
0
    「最終通し稽古」BY元山留美子



    みなさん、こんにちは(^O^)/元山留美子です。
    「通し稽古」は……好きです。かなり。
    発見がたくさんあるし、何より一つの作品がどうあるべきか、見出だそうとするには「通し稽古」しかありません。

    逆に小返し稽古は苦手です(>_<)
    私は、あっち行ったり、こっち行ったり、大切なモノを保てないからです。
    それが実力なのですが……。
    春に行った若手公演で私はスタッフとして関わりましたが、やはり、本番は尊いモノだなと感じました。

    稽古は本番のためにある。
    決して見失ってはいけないこんな単純なことを、目の前が一杯になると見失ってしまう。
    毎日毎日、本番まで本当にあと少し、ちゃんと地に足を付けて、私がいる場所、私がすべきこと……見つめようと思います。
    来てくださったお客様に喜んでもらえるよう、稽古に励みます。
    | vol.22「椿荘の四季」 | 10:37 | - | - | - | - |
    「第三回通し稽古」BY岩元絵美 「第四回通し稽古」BY堀田志穂
    0
      「第四回通し稽古」BY堀田志穂



      こんにちは☆今回、西森はるか役の堀田志穂です。
      私事ですが、役として七年ぶりくらいにお尻まであった髪をバッサリ肩まで切りました☆
      頭が軽い!!一年ぶりの舞台にめちゃくちゃ緊張してます(^-^;)
      その反面とても楽しみで、稽古にも気合いが入ってます!

      今日は第四回通し稽古でした!
      通し稽古は、私にとっては挑戦でもあり次に向けての発見の場でもあります。
      そんな簡単なことではないんですが。
      今回はコメディということもあり、稽古では自分の不器用さに泣けてきます(T_T)とは言っても、劇場に足を運んで下さる皆様には楽しんでいただきたいので、弱音を吐いてる暇はありません!

      通し稽古できっちりと色んなことを発見して、沢山積み重ねてその空間での生活感をお見せしたいと思います。
      劇団CANプロらしい舞台となってます。
      沢山の方にこのオリジナル作品を観て頂きたいので、是非劇場まで足をお運び下さい!

      堀田志穂

      「第三回通し稽古」BY岩元絵美



      こんにちは。岩元絵美です。
      「弟帰る」に続き、今回も磐城春という名前で台本を書かせていただきました。
      あ、イワキ ハルと読みます。読み辛くてすみません(>_<)
      本名にしようかな……。

      そして、今回役者としても2年半ぶりに舞台に立ちます。
      台本を書いたんだから、芝居が出来て当然でしょ?
      いやいや……悲しいかな。そんなことは全くありません。
      台本が完成してからは演出に全てを託し、役者として奮闘している日々です。

      そんな中、本日は第三回目の通し稽古でした。
      貰っているダメ出しは頭の中から取っ払って、空間・流れを感じながら芝居をする……。
      個人的な課題がクリアできたかは微妙なところでしたが、なんとなく芝居の流れというか、
      空気感というか……そういうものを感じることが出来た通しだったと思います。
      やっとスタート地点といったところでしょうか。
      初日までにどこまで高められるか……頑張ります!!

      今回は下宿屋が舞台です。
      ちょっと切ないけど温かい、そんなお話を書きたくて作った作品です。
      いろんな事件が起こる中で、何かしら皆さんの琴線に触れるものが出てくることを願ってやみません。
      CANプロならではの作品を作りあげたいと思います。
      楽しみにしていてくださいね!
      | vol.22「椿荘の四季」 | 15:07 | - | - | - | - |
      「第二回通し稽古」BY国米貴代美 「大道具制作」BY小野原大輔
      0
        「大道具制作」BY小野原大輔



        只今、台風真っ只中で叩いております。
        先週も台風が通りすぎ、天気が不安定な日が続いていますが、台風に負けじと良いものができる様に励んでいます。今回公演はこの台風の勢いに乗っかって、前回公演とは違った公演になると思いますので、お時間が空いている方、是非いらしてください!


        「第二回通し稽古」BY国米貴代美



        今回、椿荘の住人の三條明日香役をやらせていただきます国米貴代美です。
        明日香は24歳です!ウフッ(笑)
        舞台でしか出来ないミラクルですね。
        24歳です。とプリントされてるTシャツを着なくても見える様24歳になります!

        今日は二回目の通し稽古でした。
        一回目の通し稽古でかなりヤバイ状況だったので、今回絶対リベンジするぞ!!
        観てる人をギャフンと言わせてやる!と準備していたのですが…結果が全てですね。
        言い訳はできないです。集中力アップしたいです。

        集中力アップさせるにはチョコレートが良いらしいです。
        あとうどんも良いらしい。
        私は子供の時チョコアレルギーでチョコ禁止期間がありました。
        だから集中力がないのかな?

        しかし、まだまだこれから面白くなっていきます。面白くします。
        変な奇抜な事をするんじゃなく。
        舞台の面白さはやはりお客様と同じ空間で、色々な人の人生が目の前で繰り広げられて、一緒に息を飲んだりドキドキしたり笑ったり泣いたりする事だと思っています。
        なので登場人物がそれぞれ本当に生きていないと観てる人はシラけてしまいますよね。
        明日香は一言言葉を発するのにも一生懸命だと思います。
        本当の事を観せられるように稽古に励みます。
        みゆき館でお待ちしております。
        | vol.22「椿荘の四季」 | 17:20 | - | - | - | - |
        「制作 廝贈找鰐郢嵎飮 「第一回通し稽古」BY諏訪部龍太
        0
          「第一回通し稽古」BY諏訪部龍太



          どうも。お久しぶりです。諏訪部です。
          ついこの前まで暑くて寝苦しいと思っていたのに、今では寒さで目が覚める。
          季節が過ぎるのはあっという間ですね。
          前回の稽古場日記を書いたのも昨日のように感じます。
          通し稽古に挑むにあたって自分の中で不安や希望がいつも渦巻くのですが、これには慣れるという気がしません。

          「感じた分だけ動け」「思いっきりやれ」というのはいつも言われることで、ところが僕はどこかそれを勘違いしたことをしてしまう。
          いつまで新人ぶってるんだと自分に嫌気がさして誰彼かまわず土下座でもしたくなる気分だ。
          しかし、それでも芝居というのは楽しいと再確認できるのがやはり通し稽古なのだろう。
          緊張しているのは僕だけではなく、皆も一緒だ。
          それ故に思わぬハプニングが起きたりする。
          いつもと違った風景が見れるというのは新鮮でおもしろい。

          前述しましたが、急に寒くなってきました。
          皆さんも掛け布団を倍にするなどして風邪をひかないようにしてくださいね!
          それでは、会場でお会いする日を楽しみにしています。


          「制作 廝贈找鰐郢嵎飮



          ヤ、ヤバイ...。
          あ、けけ稽古の話じゃないですよ、も、もちろん!か、神に誓って!い、いつだって絶好調!

          今年は台風の当たり年だそうです。
          この日記の時点で26号がフィリピンの東にいます。
          年内には30個に達する可能性が出てきたとのこと。
          この調子だと、来月の本番の頃に襲来!なんてことも...

          イャー!やめてぇー!(((( ;゚Д゚))) それだけはー!
          受付・会場担当としては その辺の対策も考えておかないと。
          てるてる坊主を大量にぶら下げておくとか、日照り乞いとか。これで完璧。
          なので、安心してご来場ください。

          お♡も♡て♡な♡し♡(-人-) の心で、皆様をいつもの熟女達がお迎え致します。
          どうぞお楽しみに!
          | vol.22「椿荘の四季」 | 17:47 | - | - | - | - |
          「立ち稽古 廝贈拈雲扈 「立ち稽古◆廝贈拌貘美音
          0
            「立ち稽古◆廝贈拌貘美音



            こんにちは、平野詩織役の滝沢です。
            キャスティングの日から早一ヶ月、ただいま立ち稽古でございます。
            稽古期間中の時間の早さといったらありません。
            あれよあれよという間に本番が近づいていくんですから。

            稽古が進んできたからなのか、いろんなパーツが組み合わさって、やっと作品の輪郭がおぼろげながら見えてきたのを感じます。
            それと同時に、今まではどうしても自分の役とその周りばかりに目がいきがちだったのですが、台本や稽古をみていて、ほかの役の心情に思いを巡らすことも多くなってきました。
            特に、兄妹のやりとりはデジャヴをおぼえますね。どちらの立場もわかるなあ。

            今回はGreen公演でできなかったことの雪辱戦だと思っていたのに、自分の至らなさが腹立たしい。
            だけどいまさら落ち込んでいられません。
            通し稽古の日も目の前まで迫っています。巻いていかねば!

            この作品は、家族のこと、仕事のこと、夫婦のこと、過去の悔い・・・。
            これを観て、「あ!」って、心に引っかかるものが必ずあるはず。ぜひご期待ください。劇場でお待ちしております。


            「立ち稽古 廝贈拈雲扈



            稽古場日記をご覧の皆様、いつもありがとうございます。
            篠崎誠役をやらせて頂きます、星川宗です。
            稽古はいよいよ立ち稽古へと入りました。

            台本を手放して稽古場を動き回っていますが、読み稽古、荒立ち稽古、と一つ一つやってきたことをしっかり積み重ねていこう!
            という思いとは裏腹に、自分の出来なさ加減が露呈して自己嫌悪に陥ってしまいます。
            でも、そんなことにめげている場合ではありません。
            時間があっという間に過ぎていく中、終わりなきゴールへと向かって突っ走ります。

            チラシにもありますように、今回は下宿先の「椿荘」が舞台です。
            僕自身、下宿というものに凄く憧れがあって、一時期は本気で下宿先を探したこともありました。
            ご飯を食べたり、ちょっとした息抜きをしたり、誰かと一緒だとやっぱり楽しさが増えます。
            勿論楽しさだけでなく色々なわだかまりも生まれ、一人になりたいときもあるかと思いますが(笑)
            家族のものとは一味違う、他人との共同生活の中でしか生まれない独特の空気感が良いですよね!

            あの暑い夏はどこへやら、季節はもうすっかり秋になりました。
            徐々に乾燥してきていますし、窓を開けっぱなしにして風邪などひかないよう気をつけましょう!
            11月21日から四日間、銀座みゆき館劇場にてお会いできることを心より楽しみにしています。
            是非とも、よろしくお願いいたします!
            | vol.22「椿荘の四季」 | 14:06 | - | - | - | - |
            「荒立ち稽古 廝贈揄中勝二 「荒立ち稽古◆廝贈拊歹睥
            0
              「荒立ち稽古◆廝贈拊歹睥



              皆さん、お疲れ様です!竹内怜です。

              稽古は今、荒立ちをやっております。
              稽古が始まって、もう半月が経ったぐらいですが、やはり稽古が始まると時間が過ぎていくのがとても早く感じます。
              荒立ちも、もう直ぐ終わり立ち稽古に入りどんどん劇が形を成していくのを想像すると今までの舞台の記憶が頭をよぎっていき、今回はどんな舞台に仕上がっていくのだろうという期待感が胸を埋めます。
              少しの不安もあるにはありますが、とるに足らない事だと自分は思っています!!
              それは不安に捕らわれて足踏みをするより、どんな状況も楽しんでプラスの方に持っていく事が大事だと、劇団に入って学んだからです。

              またまだ、自分は力不足で大それた事は出来ないと思いますが、一つ一つやるべき事を、キッチリとやっていき前回、前々回、それよりもっと前の歴代の作品より、よりお客様に何かを伝えられる公演になる様に、更に気合いを入れて加速していきお客様に会える日を楽しみにしています!

              「荒立ち稽古 廝贈揄中勝二



              こんにちは!今回で二回目の出演となります藪中勝二です。
              前回は樋口という名前で出演しましたが、今回から藪中という名前で出演します。
              よければ覚えて頂けると幸いです。

              現在稽古は本読み稽古を終え、荒立ち稽古に入っています。
              前回、初舞台となった若手公演を経て今回はより一層やるぞ!
              という意気込みで挑んでいるのですが、意気込みとは裏腹に毎日のごとく当然のように四苦八苦する毎日です。
              ただその中で、自分自身をしっかりと見つめ、悩みに悩みながら役者として少しでも成長していきたい!そう思っています。

              と言いたいところですがすいません!生意気言いました!
              まだまだ自分のレベルでは悩み果てる必要なんか無くって…。
              純粋な気持ちを持ってただがむしゃらに目の前のことをこなして行く、それだけだと思います。本当に。
              その結果お客様に喜んで貰えたらなと。

              11月の公演まで精一杯作り上げていきますので皆様是非劇場にお越し下さい。
              | vol.22「椿荘の四季」 | 18:15 | - | - | - | - |
              「キャスティング・顔合わせ」BY杉山久美子 「本読み稽古開始」BY柴田健一
              0
                「本読み稽古開始」BY柴田健一



                どうもこんにちは!
                平野卓巳役の柴田健一です!
                前回のGreen公演を経て、オリジナル作品で贈る今回の舞台ですが、本公演としては1年振りとなります!
                いよいよ読み稽古が始まり、稽古開始となりました!
                この何とも表現できない緊張感は毎回、身を引き締めてくれます。

                今回は下宿屋での出来事が描かれています。
                最近はシェアハウスが流行っていて、シェアハウスだと人間関係がドライでお互いに干渉しないイメージがありますが、下宿と聞くと少し前の時代で人情あふれる温かい感じがします。
                あくまで個人的に思うことです(笑)
                まさに今回の下宿屋での出来事も人情味たっぷりで、だけど各々が悩みを抱えて生きる様子が描かれています!

                稽古は本当に始まったばかりですが、より良いものを作る為に頑張りたいと思います!
                11月に劇場でお会い出来ることを楽しみにしています!

                「キャスティング・顔合わせ」BY杉山久美子





                一年ぶりのCANプロ本公演です!
                本日、そのキャスト発表と本読みがありました。
                誰がどの役?!という興味はもちろん、キャストが役にどう息を吹き込むか、全体がどうコラボして重なっていくのかワクワクしつつ、記念すべきその1回目の現場にいました☆

                CANプロでは自分の配役以外知らないで読みあわせが始まります。
                なので!!本読みでは、開始から次々キャストが明かされていき…、まるで探偵小説のようで…図らずとも心が踊ってしまうのです。
                当然、本日も1人ずつ登場するたびにニヤリして。本当に面白かった(#^_^#)

                あ、私は今回スタッフとして参加をします。
                それで、本日は4場の「ト書き読み」を配役されました。
                もちろん、バレないよう何食わぬ顔で読み出そう!としましたよ。
                ただ、私の出番の頃にはほぼ全員出つくしていて、結果は何てことなかった…んですけどね。

                こんな風に始まった22回目のCANプロ公演、またまたオリジナル作品を上演させて頂きます。
                是非とも観に来て頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。
                | vol.22「椿荘の四季」 | 16:12 | - | - | - | - |