RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

劇団CANプロ稽古場日記

稽古風景や感想などをメンバー達が皆様にお届けします!
<< 「キャスティング・顔合わせ」BY諏訪部龍太 「稽古初日」BY星川宗  | main | 「立ち稽古初日」BY小野原大輔 「立ち稽古序盤」BY田中活子 >>
「荒立ち稽古 廝贈拌貘美音 「荒立ち稽古◆廝贈拏禿跳魄
0
    「荒立ち稽古◆廝贈拏禿跳魄




    どうも柴田健一です。
    またしても出演させて頂けることになりました。
    今回の役はピザ屋さんです。

    僕自身、ピザ屋ではないですがデリバリー経験があるので、その経験を上手く役に取り入れていようと、稽古に励んでます。
    稽古が始まる前に役作りの意味も込めて、ピザのデリバリーを注文してみました。

    最近は電話注文だけでなく、なんと!
    インターネットからも容易に注文出来るんです。
    必要事項を埋めて行けば、30分後にはピザが届くんです。
    便利な世の中になったなぁと改めて感じました。

    公演まで約1ヶ月半。
    日々の稽古に励み、皆様のご来場お待ちしております。

    「荒立ち稽古 廝贈拌貘美音




    本公演で2回目の出演になります。
    こんにちは、滝沢美音です。
    今回の役は40代独身女性の雑誌記者です。
    前回の公演では80歳くらいのおばちゃんでしたからちょうど1/2の年齢ですね。実年齢に少し近づきました。

    セットは典型的な日本家屋です。
    わたし自身ずっと全面フローリングの家に住んでいて、畳にこたつなんて祖母の家に行かなければないものですから、このセットは稽古場ながら懐かしい感じがします。
    今日は荒立ち稽古の初日でした。
    台本を持ちながらでも、立ちながら稽古というのは難しいですね。
    自分の立ち位置など戸惑ってしまうことがありました。
    正座で足痺れて動けなくなったらどうしようという不安と戦っていました(笑)
    痺れませんでしたけれどね。

    ……稽古に行く前にニュースを見て被災地の様子に呆然としたり、原発のことで不安になりながら毎日を送っています。
    ですから今は、今までの生活に感謝しつつ、マイナスな出来事をバネに、今までの日本の「日常」に早く戻れるように。
    わたしは自分にできることを、地震前から予定されていた公演を無事に迎えられるように日々稽古をするしかないと思っています。

    公演はまだまだ先ですけれどもこれを御覧になっている方が当日、何事もなく足を運ばれる事を願います。
    | vol.18「箱のお家」 | 13:20 | - | - | - | - |