RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

劇団CANプロ稽古場日記

稽古風景や感想などをメンバー達が皆様にお届けします!
<< 「立ち稽古 BY笹森聖乃 「荒立ち稽古」BY柴田健一 | main | 「立ち稽古」BY国米貴代美 「制作スタッフ◆廝贈抓筝騎美  >>
「制作 BY岡島直子 「立ち稽古◆BY滝沢美音
0
    「制作 BY岡島直子

    久しぶりに稽古場に来ました。
    このところ秋晴れが続いていたというのに、なぜ今日に限って雨なのでしょう…今日に限って傘は家族に持って行かれ、バスは遅れ、タクシーは捕まらない。携帯の電池も残り少ないのにどこかから電話がくる。
    いつもはうまくいってるのに、大事な今日に限って…ていう追い込まれ感が、なんだろうこれ、どこかで…そうだ、よく私が見ていた夢だ!
    キャストで出ていた頃は、本番間近になってくると「劇場にどうしても着けない」という夢をよく見て、どっと疲れていました。
    って、今回の公演と全然関係ない話になっちゃった!
    まあ、全然関係なくはないけど…いや、関係ないか。

    さておき、「変な女の恋」。
    恋してるときって、こんなこと言ったら変な女と思われて嫌われないかな?
    なーんて、自分に自信がなくなったりしませんか? え? 最近恋をしてないからそんな気持ち忘れちゃった? なんてね。
    今回のお話は、そんな恋する女の揺れる心のお話…ではないです。
    全然関係ありませんすみません。
    本当に、変な人たちが出てくる話です。多分。
    是非、劇場に足をお運びくださいませ!



    「立ち稽古◆BY滝沢美音

    ウェイトレス役の滝沢です。
    立ち稽古も中盤です。まだまだ途中段階ですが、衣裳や小道具類もずいぶん決まり、ああ、本番に向かっているなと実感します。

    それにしてもずいぶん涼しくなりました。
    春の公演も秋の公演も、稽古の時期というのはちょうど季節が移り変わる時期で、いつのまにか蝉の声が消えて日差しが柔らかくなり、半袖から長袖に変わり、青田が金色に変わっていく。毎日電車に乗って車窓を見ていると、少しずつ変わっていっていて、そんな風景を見てると、どんなに同じに見えていても、本当はなにかが少しずつ変わっているんだなって感じます。
    稽古もそうで、なんとなしに通り過ぎるのではなく、その瞬間瞬間を大事にしたいなって思います。

    本番まであと一ヶ月。第七秘密基地での公演、お待ちくださいませ。

    | vol.26「変な女の恋」 | 15:23 | - | - | - | - |