RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

劇団CANプロ稽古場日記

稽古風景や感想などをメンバー達が皆様にお届けします!
<<    | main |    >>
  
0
    制作 BY岡島直子



    若い頃から、親というものを、母というものを大事にせず生きてきました。いるのが当たり前、やってもらって当たり前、などという態度でした。
    自分が母親になっていろいろ見えてきたことがあります。毎日の育児の中で、子供にいつか感謝してもらいたいなどとは思うことはありません。冗談でいつか返してくれと言うことはありますが。
    子供が親を頼り、親が子供を守るのが当たり前、と親の立場から強く思うのです。これは私の親も同じ気持ちではなかろうかと思い至り、子供の立場から改めて感謝し始めています。

    この作品には母親たちがそれぞれの立場で出てきます。台本を初めて読んだときはグッとくるものがありました。前回のシングルマザーズといい、母親ものが続きますね。
    いろんな母がいて良い、いろんな家庭があっていい、いろんな生き方があって良い、そんな現代を生きる私たちが、時代を超えて変わらないのは、「母」という存在であると痛感させられます。
    法廷という重い舞台、なかなか役者も苦労しそうですが、見応えのある作品になりそうです!
    楽しみにしていて下さい!


    立ち稽古 BY笹森聖乃



    なんと今年から花粉症デビューしてしまいました…。こんにちは、笹森聖乃です!
    昔から自分は花粉症にならないぞ〜という根拠のない自信だけでこの何十年生きてきたのですが、そんな私の自信虚しくフッツーになってしまいました(笑)まるで自分の鼻が閉まらない蛇口になってしまったかのように毎日鼻水が止まりません。あまりの痒さに「鼻いらね!」と何度叫んだことか…。どんな花粉症も寄せ付けない最強の薬が発明されるのを願っています…。

    さて、私が花粉症と格闘している間に稽古は立ち稽古に入りました。今回のお話の舞台は「法廷」です。立ち稽古では法廷のあの空気感をどう表現するのか、そこに今、必死に取り組んでいます。色々な人の色々な正義がぶつかり合う法廷…。難しいです。この「母の法廷」を読んでいると人間は本当に複雑な生き物だなあと改めて思います。だからこそ面白いのですが!

    私がCANプロに入って四年目に入り、家にある台本の量も少しずつ増えてきました。今回の台本は今までやったことのない作品。そして私の役である「女4」も色々な意味で経験のない役です。この女4という役を通じて自分の役者としての幅を広げていけるよう本番まで突っ走りたいと思います。
    舞台で皆様にお会いできるのを楽しみにしております!
    | DIY公演vol.1「母の法廷」 | 16:32 | - | - | - | - |