RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

劇団CANプロ稽古場日記

稽古風景や感想などをメンバー達が皆様にお届けします!
<< 「制作」BY郁天杏子 「立ち稽古終盤」BY吉村れい | main | 「たたき」BY奥村そら >>
「第一回通し稽古」BY岡島直子 「第二回通し稽古」BY香月絢交
0
    「第二回通し稽古」BY香月絢交

    香月



    暖かい日射しの中を歩いていると、ウキウキ〜
    ランラン〜ルンルンルンって古いけど何処かへ
    行きたくなりますよね〜。
    そんな気分も稽古場に入れば忘れてしまいます。
    本日は第二回目の通し稽古でした。テンション上
    げて、体はリラックスと思っていても気持だけが
    ソワソワ焦ってしまいます。改めて気が付きました。
    こうなると全体の流れが見えなくて失敗ばかりし
    てしまいます。本番はもうすぐだというのに、まったく!
    と自分自身本当に情けない気持でいっぱいの通し稽古でした。(>_<)
    残りわずかな稽古時間を大切にして、自分の課題を
    一つでも多く克服できるように取り組んでみたいと思います。
    香月 絢交




    「第一回通し稽古」BY岡島直子

    岡島

    第一回通し稽古

    今回は私はダブルキャストのB班なので
    今日はA班での通し稽古。
    自分がダブルキャストであるということでラッキーなのは
    A班の稽古を客観的に見て、自分の課題を発見できること。
    これが、今後シングルキャストの時も応用できたら
    もっとうまくなれるんだろうなーと思うのです。

    さて今日の私は音響を担当していました。
    私、機械が全くダメというわけじゃないんですが、
    慣れない機材を触るのはドキドキします。

    機材の操作ということよりも難しいのが、
    役者の芝居を邪魔しない、というか
    役の心情に沿って音を出すことだと改めて実感しました。
    ただ単に決められたタイミングと音量で出すのだと、
    やっぱり、芝居が壊れてしまう。
    で、そんな芝居は見たくないし作りたくないなと。
    なんてことを考えながら、でもいろいろ間違えながら、
    「こだわる」ってことがだんだん面白くなってきました。

    これが、役者としての芝居への取り組み方にも
    活かせるんじゃないかと、感じた一日でした。

    来週は我がB班の通し稽古。
    A班の君子役の吉村嬢に、前回の稽古場日記で
    宣戦布告されたので(笑)、ここは受けて立ちます!
    若さ以外は負ける気がしねぇっす!


    | vol.12「夫婦レコード」 | 15:25 | - | - | - | - |